2017年08月07日

理想の間取り

 家の真ん中に土間がある生活。土間を介して各部屋を行き来する。土間の高さを部屋と同じくして、居間のようにくつろげる空間とする。屋根は設けない。熱い空気が上に抜けるので、夏は涼しいかもしれない。雨のときはガラスの間仕切りで囲ってしまう。回廊のような共有スペースを設けて、雨降る土間を眺めたり、傘なしで移動できる導線とする。
 現実は、庭がなくお隣との並びもとれないことが忍びなく、土間は居間に取って代わった。だから、家のど真ん中に居間がある。
 先日寄った東京国立近代美術館、「日本の家」という企画展で目に留まったのは、伊藤豊雄の自邸「シルバーハット」のパネルだった。土間に面して食堂、リビング、右奥には和室。図面をみると書斎まである。土間にはスライド式のテントがかけられている。住んでみたら面白そうだと想像にふけったあげく、ふと、過去の夢を思い出した次第。

写真は、伊藤豊雄 シルバーハット 1984 のパネル。
東京近代美術館の企画展「日本の家」1945年以降の建築と暮らしにて展示(2017年10月29日まで開催)
PRO20009_c.jpg
posted by キン at 00:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月19日

10月18日(火)

雨上がりの朝。バルコニーは濡れているが仕方なくジロを出す。ちび太も飛び出す。ガタガタと音がして外を見ると、ちび太が濡れた手すりを綱渡りしている。水滴を落としながら。落ちやしないかと肝を冷やす。家内は何で猫を出した、濡れた床を拭けとうるさい。ポイント故障で混んだ電車を降りると、ジージーと騒ぎ立てる鳴き声。見上げると長い尻尾、電線にオナガの群れ。天気が悪くなるときに見る鳥なのに、と思った次第。

FUJI2524_c_blog_kin0329_nikki_170108.jpg
(2年前のちび太)
posted by キン at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月17日

10月17日(月)

今日からダイヤ改正。時間がずれただけだが、雨で混むかもと、念を入れて早めに駅に向かう。市長選の告示はまだだが、わざわざ雨降る中ビニール傘差しておじぎをしている本人。のぼりを要所に立てて抜かりがないもう一方の本人。ホームに上がると普段より2本前の始発が入線してきたので座ってしまった。席がまだ空いているのに何人か並んでいる。次の始発は12分後なのに。これも常習性というものだろうか、と思った次第。

PRO20051_c_blog_kin0329_nikki_170108.jpg
posted by キン at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月16日

10月16日(日)

もはやちび太の噛み起こしはなくなり7時まで寝てしまった。快晴、猫は気の向くままバルコニーを出入り。お昼は近所のそば屋へ。土間のピアノを弾くおじさん。聞き流していたがどうして手書きのコード譜でメロディ、アドリブとジャズをやっている。聞くと普段は勤め人、店の都合がいいとき弾いているとのこと。5曲選曲して30分をどこまで繰り返せるか、ゴルフのラウンドと同じだと言う。身近で非日常を味わった次第。

(ジロ)
DSC_0001_c_blog_kin0329_nikki_170108.jpg
posted by キン at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月15日

10月14日(金)

帰宅ラッシュの電車に揉まれ上野の西洋美術館に行くもなんとお休み。館内では企画展の準備をしているようだ。今日こそは館内を撮ろうかと思っていたのに不覚だった。ダラダラと坂を下り、必然としてアメ横に入り込む。ガード下でごったがえす飲み客の背中すれすれを軽トラが通ろうとする。ケバブの匂いにもそそられる。金曜日夜のアメ横は大活況、混沌とした世界。撮るものもままならぬまま御徒町駅まで歩き、帰投した次第。

PRO20093_c_blog_kin0329_nikki_170108.jpg
posted by キン at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月14日

10月13日(木)

通勤寄りがてら、逡巡したあげく浅草へ。仲見世通りはシャッターが降りて閑散としているが、観光客は浅草寺へ。ライトアップで闇にどんと浮かび上がるような本堂、その前で自撮りする人たち。昭和レトロ風な伝法院通り、これまたイルミネーションされていて綺麗だ。そして六区ブロードウェイをうろちょろしてから帰投。横道は次の機会。困ったときは浅草。カメラを構えても違和感がなく賑わいが気分を前向きにしてくれる。

PRO20175_c_blog_kin0329_nikki_170108.jpg
posted by キン at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月12日

10月12日(水)

夜勤明けて事務所を出る。5時過ぎたばかりで東方は紅い。築地に寄ろうかと思ったが、活気についていく気力がなくやめた。居眠りばかりのくたびれた電車の中で、ぎらぎらと元気な中高年のご婦人たち。朝日を浴びたビル群は綺麗だが、うろうろする若者、おにぎりに群がる鳩、行き交う清掃車にカメラは出さずじまいで帰投。下りのがらがらの車内から眺められる遠景。利根川はもやがかかっていた。まさしくこれから出勤時間帯。

PRO20020_c_blog_kin0329_nikki_170108.jpg
posted by キン at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月10日

10月10日(日・祝)

猫に噛み起こされ未明の手賀沼へ。あばら模様の雲が紅色に輝くのを期待したが、ただ雲は厚かった。風で水面はざらざら、索漠とした風景。コブハクチョウの家族が泳ぎ出し、カイツブリがタタタッと水面を走る。バードウオッチングの夫婦から何を撮っているのかと聞かれ、風景と答えるとカワセミがいると教えてくれる。ウォーキング、ジョギング、自転車など、老若男女で堤防は賑やかになる。セントラルパークと思った次第。

PRO10271_c_blog_kin0329_nikki_170108.jpg
posted by キン at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月08日

10月7日(金)

飲み会は終了、一人銀座からガードを抜けると、彼方からサンバ風の太鼓の音。つられて東京国際フォーラムに入ると、中庭ではフェスタの最中だった。あくまでもモダンな雰囲気を壊さぬよう、その賑わいをカメラに収めてから一駅先の東京駅へ。再開発された街並みには、テラスで向き合う夫婦、立ち飲みで議論するビジネスマン、その傍ら一人肘をつく女性。なんとなく造られたような活況。果たしていつまで続くのかと思った次第。

PRO20247_c_blog_kin0329_nikki_170108.jpg
posted by キン at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月07日

10月6日(木)

静かな朝、相変わらず猫に噛み起こされる。台風は夜半に新潟沖で温帯低気圧に変わって時速90キロ以上で通過していき、金沢で40数メートルの風が吹いた、とNHKラジオ。真っ暗な空がやや青く薄らぎ、どろんとだいだい色の筋雲がでてきた。まだ薄暗いけれども、戸を開けてちび太とジロをバルコニーに出す。今日は晴れ、気温は31度まで上がる見込み。暑さをもう一回味わうのもいいのでは、とラジオの気象予報士の弁。

(ジロ)
DSC_0047_c_blog_kin0329_nikki_170108.jpg
ラベル:nikon d7000
posted by キン at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月04日

10月4日(火)

また未明にちび太に噛まれる。甘噛みどころではなく、手の甲や指、肘などにガブッとくる。いい加減目が覚めるとまだ4時前ではないか。ちび太の先導で階段を降り猫らに餌を与える。二階に戻ってラジオをつけると今度はジロのスリスリだ。戸をあけるとジロとチビはパッとバルコニーに飛び出し、暗いのに手すりから辺りを興味津々である。毎朝早起きできるが肝心なときには起こしてくれず慌てる。所詮猫は気まぐれだと思う次第。

(ちび太(右)とジロ(左))
PRO10205_c_blog_nikki_170108.jpg
posted by キン at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

10月3日(月)

境内で同年代の女性にすんでのところで先を越された。おかっぱで藍色のカーディガン、黒いスカート。背筋を伸ばしゆっくりと神前へ。拝みが長い。何を願っているのか早く降りろとイライラする。賽銭箱にあるパンフレットを一枚抜き取り、脇から降りていった彼女は、ゆっくり歩きながら果たしてパンフレットを読んでいるわけではなく、ポケモンGOをやっていた。その悠然とした態度。片やセカセカした自分に気づいた次第。

(写真は文中とは関係ありません)
FUJI0028_c_blog_kin0329_nikki_170108.jpg
posted by キン at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月02日

10月2日(日)

早朝の霞ヶ浦に出かけた。既に太陽は対岸の雲に隠れてしまったが、湖面はまだ輝いていた。慌てて三脚を組み立て、生け簀辺りをズームレンズで狙う。風が吹き出したのか、すぐに湖面はザラザラになってくすんでしまった。もうやめようと思いきや、左方からエンジン音がした。日の出後に沖合に出漁する舟、久しぶりだったので忘れていた。撮ったことは撮ったけれども。そのうち細かい雨が降り出し、いさぎよく撤収した次第。

PRO10136_c_blog_kin0329_nikki_170108.jpg
posted by キン at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月01日

9月30日(金)

改良工事中の乗換駅に名物駅員がいる。そう勝手に思っている。通路にいたり、ホーム際で手を広げたりしているのだが、間合いに「ヨーォ、ヨーォ」と鼻をつまんだような声を出しているのだ。近くで注意して聞いてみるとどうやら「電車が入ってきまーす」「二列でお願いしまーす」などの「まーす」が進化して「ヨーォ」だけになっていることが判明した。常に身を張って乗客を守っている〇井さん、ファンは他にもいるに違いない。

(写真は文章の乗換駅ではありません)
PRO20277_c_blog_kin0329_nikki_170108.jpg

ラベル:FUJIFILM X-Pro2
posted by キン at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月29日

9月29日(木)

朝、神社の境内を通るのだが、素通りは忍びなく参拝をしていく。通行料として財布から一円玉以外の硬貨をカランと賽銭箱に投げ入れ、「今日もいいことがありますように」と祈る。さすがに毎日だと祈りは次第に短くなり、今やずらした両手のひらを合わせる瞬間のみとなってしまった。このころは柏手をパン、パンと打つと、正面の祭壇がキラ、キラと光るような気がする。これこそ神様のお応えではないかと思っている次第である。

(写真は春の境内)
PRO20155_c_blog_kin0329_zatsubun_161218.jpg
ラベル:FUJIFILM X-Pro2
posted by キン at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする