2018年04月08日

満開の頃

福岡堰(茨城県つくばみらい市 (旧谷和原村))
PRO10147_r1_c_blog_kin0329_180408_2.jpg
フジのX-Pro1にニッコールレンズ(Micro Nikkor 105mmF2.8D)をくっつけてみた。
換算で158ミリ、中望遠を手持ちで。
posted by キン at 19:32| Comment(0) | 一寸の光景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月02日

FUJINON XF35mmF2

35mmレンズ(換算50mm)だと構図がきつきつ。
PRO20175_r6_c_blog_kin0329_180402.jpg
3月下旬の利根川河川敷。

posted by キン at 23:25| Comment(0) | 利根川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月28日

マニアック講演会

 龍ヶ崎の、閉鎖された映画館が満席になったのは、元NHK音楽プロデューサーの竹森道夫氏の「”ウィーン・フィルのニューイヤーコンサート”生中継秘話」。89年の世界初ステレオ生中継など技術的な話が主体かと思いきや、ニューイヤーコンサートの歴史を辿りつつ、放送プロデューサーとして現地で接した指揮者カルロス・クライバーのエピソードや「裏話」など盛りだくさんだった。
 「クライバーと暗闇で出っくわしました」と切り出したときは、会場中が固唾を呑んだ。ユーリッヒ・クライバーの息子であり、「テレーゼ事件」をはじめとしたキャンセル魔のクライバーについて既に織り込まれていたから。・・・しかし、そのくだりについては、残念ながらここでは書けないのである。
 要所で再生されたニューイヤーコンサートのライヴは、講演の流れによくマッチしていた。竹森氏が「しつこい性格なので」と言いつつも、「春の声」がクラウス、ボスコフスキー、クライバーの演奏で三度もかけられたが、聴衆もマニアックなので全然問題はなし。主催者「NPO法人龍ヶ崎ゲヴァントハウス」が有する奇天烈なスピーカー群からかもし出される、FM放送から録音したサウンドは臨場感豊かで、最後の「ラデツキー行進曲」ではおなじみの手拍子が出るほどだった。
 隣席の方は「美しく青きドナウ」に合わせて手振りを始めたが、家内によると「コントラバスっぽい」。最後に挙手してチターの演奏者に係わるお門違いな質問をしていたが、竹森氏は丁寧に答えていた。続けざまにFMは東京と水戸どちらが音がいいか、という質問に、「『らじるらじる』がいいです。今はFMも圧縮していますから」。ゲヴァントハウスのメンバーも「以前は音がよかったですね」とうなづく。感慨を覚えるしかなかった。
(2018年1月20日(土) NPO法人龍ヶ崎ゲヴァントハウス新春特別講演会にて)
DSC_7277_noexif.jpg
posted by キン at 20:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月08日

フランスの田舎風景 #11 店の番犬

店の番犬
(un chien de garde du magasin au Val-Saint-Germain)
DSCF0010_photoshop_elements_c_blog_kin0329_180108.jpg
時間を割いて喧騒なパリを脱出し、近郊の田舎道を村から村へとプジョーを走らせる。とある村で、何を探しているのかと尋ねられ、フランスらしい風景を探している、と答えると、この道を上がっていけば景色がいいと教えてくれる。もっともまだ3月、映えるものもなく、写したのは商店2階からあんよをちょこんと出したシェパード1匹だけだった。


粗々の640ピクセル×400ピクセルの画像を、Photoshop elementsで四つ切サイズに加工してみた。
当時のデジカメはFinePix 2500Z、入れていたスマートメディアはたったの8M。
posted by キン at 17:56| Comment(0) | フランス田舎風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月01日

謹賀新年2018

180101_bonne_annee_blog_kin0329_180101.jpg
posted by キン at 15:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月17日

フランスの田舎風景 #10 パラシュートが絡まった教会

パラシュートが絡まった教会
(L'église Notre-Dame de Sainte-Mère-Église avec son parachute symbolique)
DSCF0033_photoshop_elements_c_blog_kin0329_171217.jpg
ノルマンディ上陸の前夜、降下地点はなんと街の真ん中。ことごとく仲間が撃たれていくのを、教会の尖塔に引っ掛かった一兵がただ眺めるのみ…。そんな「史上最大の作戦」のシーンを思い出し、行ってみたらまさしくその場所だった。屋根にパラシュートとマネキンを引っ掛けてある。残念なことに、隣接するアメリカ空挺部隊の博物館は休館中だった。


粗々の640ピクセル×400ピクセルの画像を、Photoshop elementsで四つ切サイズに加工してみた。
当時のデジカメはFinePix 2500Z、入れていたスマートメディアはたったの8M。
posted by キン at 11:29| Comment(0) | フランス田舎風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月03日

フランスの田舎風景 #9 羊の群れと教会

羊の群れと教会
(Moutons devant l'eglise de Bazolles)
DSCF0140_photoshop_elements_c_blog_kin0329_171203.jpg
ニヴェルネ運河沿いの小道を進もうとすると、自動車通行禁止の看板が。ミシュランの地図に風光明媚な道として示されているのに。水門番に尋ねると、遠くを眺めながら「通行禁止だが、あなたは通ることができる」なるほどと、なだらかな丘陵を流れる小川に沿って進むと、牛ではなく、めずらしく羊の群れが。背景の教会はブルゴーニュならではの様式か。


粗々の640ピクセル×400ピクセルの画像を、Photoshop elementsで四つ切サイズに加工してみた。
当時のデジカメはFinePix 2500Z、入れていたスマートメディアはたったの8M。
posted by キン at 23:42| Comment(0) | フランス田舎風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月23日

フランスの田舎風景 #8 村の入口

村の入口
(L'entrée du village de Laissey)
DSCF0066_photoshop_elements_blog_kin0329_171123_c.jpg
ミシュランの地図は、景色がよいルートに緑色の帯を付けている。ブザンソンからさらに東へ向かう途中、「緑色の帯」にひかれて小道に入ってみた。村の入口で止まって看板を撮るのは、後でどこを通ったか分かる記録としてだ。村を流れるローヌ・ライン運河には船も人もなく、たくさんの落ち葉が浮いていた。まさに晩秋の溪谷風情だった。


粗々の640ピクセル×400ピクセルの画像を、Photoshop elementsで四つ切サイズに加工してみた。
当時のデジカメはFinePix 2500Z、入れていたスマートメディアはたったの8M。
posted by キン at 21:36| Comment(0) | フランス田舎風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月19日

フランスの田舎風景 #7 エーヌ・マルヌ運河

閘門に進入してくるペニッシュ
(une péniche à l'écluse sur le canal de l'Aisne à la Marne)
DSCF0019_photoshop_elements_blog_kin0329_171129_c.jpg
ちょうど閘門にペニッシュ(運河運搬船)が入ってきた。船長はただ独り、ベルギーに向かうと言う。相棒のシェパードを連れて。カメラ用の電池を切らして店に入ると、東洋人を初めて見たかのような店員の表情。いったんランスまで戻って探しあてた。ここは北フランスの田舎町、パリから北東へ約130キロ。


粗々の640ピクセル×400ピクセルの画像を、Photoshop elementsで四つ切サイズに加工してみた。
当時のデジカメはFinePix 2500Z、入れていたスマートメディアはたったの8M。
posted by キン at 16:28| Comment(0) | フランス田舎風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月12日

助手席から

常磐道上り。助手席はらくちん。
PRO20040_r_3_c_blog_kin0329_171112.jpg
9月下旬の頃。
posted by キン at 20:51| Comment(0) | 一寸の光景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フランスの田舎風景 #6 ジュイーヌ渓谷

ジュイーヌ渓谷
la vallée de la Juine
DSCF0004_p_c_blog_kin0329_171112.jpg

パリから南方約40キロ。高速道路A6を降り、県道D17を走る。
ミシュラン・グリーンガイドの、「イールド=ド=フランス地方を流れる河川沿いでは稀にしか見慣れない風情が残っている」という文言に魅せられて訪れたここは、日本のような急峻な「溪谷」ではなく、なだらかな雑木林に沿う「茂み」だった。落ちぶれたようなお城と柵の中にポツンと立っている馬。辺りはモノトーンで寂しい風景。
後で知ったのだが、パリから鉄道(RER)でお気軽に訪れられる場所。初夏は新緑溢れて散策にふさわしいかもしれない。

粗々の640ピクセル×400ピクセルの画像を、Photoshop elementsで四つ切サイズに加工してみた。
当時のデジカメはFinePix 2500Z、入れていたスマートメディアはたったの8M。
posted by キン at 10:39| Comment(0) | フランス田舎風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月05日

フランスの田舎風景 #5 アーグ岬

アーグ岬
Cap de la Hague début janvier
DSCF0032_p_c_blog_kin0329_171105.jpg
シェルブールから、さらに西方の岬を目指す。道はグリー(Goury)という集落に入って終わった。そこがアーグ岬。雨で景色が霞んでいた。連日が暗かった1月初旬の頃。

粗々の640ピクセル×400ピクセルの画像を、Photoshop elementsで四つ切サイズに加工してみた。
当時のデジカメはFinePix 2500Z、入れていたスマートメディアはたったの8M。
posted by キン at 12:01| Comment(0) | フランス田舎風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月04日

フランスの田舎風景 #4 菜の花畑

村と菜の花畑
un village rural et les champs de fleurs de colza
DSCF0014_p_c_blog_kin0329_171104.jpg
4月になると、パリをちょっと出れば、あちらこちらは一面の菜の花畑。
黄色い車窓に誘われて高速道路A13をすぐ降り、うねる菜の花畑の中を、村から村へと車を走らせた。
パリから西方、イルドフランス、イヴリーヌ県のとある村の入口にて。

粗々の640ピクセル×400ピクセルの画像を、Photoshop elementsで四つ切サイズに加工してみた。
当時のデジカメはFinePix 2500Z、入れていたスマートメディアはたったの8M。
posted by キン at 10:49| Comment(0) | フランス田舎風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月29日

フランスの田舎風景 #3 オーヴェル・シュル・オワーズ

オーヴェル・シュル・オワーズ近くの小道
Un chemin près d'Auvers-sur-Oise
DSCF0016_c_blog_kin0329_171029.jpg
オーヴェル・シュル・オワーズの街から丘陵に上がると辺り一面、見渡す限りの畑風景。次の集落に向かう何の変哲もない小道で車を停めた。そのときはゴッホの描いた麦畑の場所は知らなかったが、このような雰囲気ではなかろうか、と思った。日が眩しく静かな8月の光景。

粗々の640ピクセル×400ピクセルの画像を、Photoshop elementsで四つ切サイズに加工してみた。
当時のデジカメはFinePix 2500Z、入れていたスマートメディアはたったの8M。
posted by キン at 14:50| Comment(0) | フランス田舎風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フランスの田舎風景 #2 ロワン運河 CANAL DU LOING

一隻のペニッシュがやってきた。
DSDF210_p_c_blog_kin0329_171028.jpg
フォンテンプローの南を悠々と流れるロワン運河(CANAL DU LOING)は、その絵葉書のような光景に似合わず、セーヌ川につながる運河の幹線でもある。フランス運河でおなじみの平底船、ペニッシュ(Péniche)をよく見かけることができる。

粗々の640ピクセル×400ピクセルの画像を、Photoshop elementsで四つ切サイズに加工してみた。
当時のデジカメはFinePix 2500Z、入れていたスマートメディアはたったの8M。
posted by キン at 02:14| Comment(0) | フランス田舎風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。